« 映画「レッドライン」 | トップページ | 映画「ハッピーフライト」 »

映画「僕の彼女はサイボーグ」

DVDにて映画「僕の彼女はサイボーグ」を観ました♪

僕の彼女はサイボーグ 通常版 [DVD] 

一言:

タイムパラドックスをモチーフにした

意外にも練られた映画でした♪

>ふん、モテない男が喜びそうだな

と、切り捨てるには惜しい映画。

 

STORY

21歳の“僕”(小出恵介)を救うために未来の“僕”が現在の自分に送ったという

最高にキュートな“彼女”(綾瀬はるか)は、

やることなすことすべてが大胆でラフなサイボーグだった。

“彼女”は“僕”のピンチを幾度となく救ってくれるが、

感情を一切持たない“彼女”に思いが伝わらず、

“僕”は一方的に別れを告げてしまう。

しかしそれは、決して起こるはずのなかった、運命を変えてしまう“恋”の始まりだった。

シネマトゥデイより

 

モテない男の夢(笑)

ある日突然目の前に美女のサイボーグが現れるお話。

サイボーグゆえのバカ力と無感情が引き起こす常識外れの行動が

素朴な主人公の生活を無茶苦茶にしつつも

楽しい日々に変えていく……

というストーリーのみならば、まぁ普通の映画という評価だったかも。

 

しかし、この映画は様々ところに伏線が張られており、

サイボーグにまつわるタイムパラドックスがうまく描かれている作品♪

未来を描く以上、「突っ込みどころ」というのは避けられないわけですが、

それ以上に練られた部分を感じ取れるので、なかなか見応えがありました。

 

小出恵介さんは数少ない間近で見たことがある芸能人の一人で、

綾瀬はるかさんとはなんと誕生日が同じwink

という超個人的な理由からもこの映画は◎です(笑)

ある意味失礼ですけど、

綾瀬はるかさんは無表情な美人サイボーグ役が良く似合いますね~good

こんなサイボーグなら大歓迎!

今年のクリスマスは自分でクリスマスプレゼントを買って、

一人で外食しながら、こんなサイボーグとの出会いを待つか(爆)

 

日本人の俳優を使ったものの、監督は外国人ということで、

やはりどことなく空気の違う映画だと感じました。

ウォンテッド」でも書いたような気がしますが、

監督のお国柄ってのはやはり映画に多少なりとも出てくるようですね。

悪い部分では、ストーリー展開の突飛さについていけないbearing

丈夫なサイボーグを壊すためとはいえ、あの大震災は……

良い意味ではやはり新鮮というところ。

韓国のお家芸?? ともいえる一風変わった恋愛映画は

思わず噴き出してしまうようなところもあり、

韓流ブームの良い部分がプラスされてる感じがしました♪

 

一見、旬な俳優を使い、韓流ブームに乗っかった上、

カップルをターゲットにした安い映画のような感覚がありますがcoldsweats01

なかなかおもしろい映画でしたgood

オススメですsign01

 

soon人気ブログランキングにて、他の方の映画ブログもChecksign03

(ココから入って頂けると、このブログのランクも上がりますのでsweat02

一つよろしくお願いしますcoldsweats01

 

僕の彼女はサイボーグ 通常版 [DVD]
僕の彼女はサイボーグ 通常版 [DVD] 

 

|

« 映画「レッドライン」 | トップページ | 映画「ハッピーフライト」 »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画9」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540425/25969745

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「僕の彼女はサイボーグ」:

« 映画「レッドライン」 | トップページ | 映画「ハッピーフライト」 »