« 映画「コントロール」 | トップページ | 映画「アイム・ノット・ゼア」 »

映画「レッドクリフ PartⅠ」

映画「レッドクリフ」を観ました。

Redcliff1  

一言:

迫力はすごい!

しかし、三国志という長~い上に

見どころたくさんの物語を

映画の時間の枠内に収めるのは難しい……

やはりどことなく中途半端(汗)

 

STORY

はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、

その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。

彼の天下統一の野望を打ち砕くため、

孔明(金城武)と周瑜(トニー・レオン)はともに協力し、連合軍を結成。

だが連合軍の数はわずか6万、片や曹操の軍勢は80万で、

その兵力の差は誰の目にも明らかだったが……。

シネマトゥデイより

 

三国志といえばとにかく長いお話(笑)

何年にも渡る様々な戦いが複雑な人間関係を築き、

数時間という短い時間ではとても収まりきれません。

様々な戦いを「○○の戦い」と物語は省略できても、

登場人物同士のつながりは省略することができないため、

知識がないと……なんて心配もsweat02

 

しかし、この映画に関しては心配無用でした。

映画冒頭からいかにも「説明」くさいナレーション(笑)

主要登場人物が出てくる度に表示される名前。

そのおかげで三国志について詳しくない人も大丈夫smile

私個人は、ちょいと昔にとあるゲームにハマったことで

ついた程度の知識しか持っていませんでしたが、

まったく問題ありませんでしたconfident

 

この映画の魅力はなんといっても迫力のある映像!

各有名武将は当然のごとく登場シーンに活躍の場が用意されていて、

特定武将のファンもそこそこ納得できるデキでしょうwink

特に「趙雲」は扱いが良かったかな??

(その分「関羽」が……地味bearing

中国映画お得意の人海戦術? 映像も顕在。

ゲームでは意味があるのかないのかよくわからなかった

八卦の陣(笑)もなかなかの迫力(笑)

これはPartⅡに当然あるであろう

大船団への火計にも期待できるというものですgood

 

残念な点もちらほら。

2部構成ということで、今作はいわば序章。

おいしいところは次にとってあるわけです。

赤壁といえば火計が一番の見どころのハズですが、

今回はそれがなく、後半の盛り上がりに欠けた印象。

上映時間が長いのもマイナスにしかならない(爆)

長坂の戦いに始まり、

前半がけっこうよかっただけに余計そう感じてしまいました。

その分、ありがちな「小喬」の絡んだ恋愛話にはがっかりcoldsweats01

たしかに「小喬」は美人だったんだけれども(爆)

これならPartⅠは長坂、Ⅱは赤壁にしとけばよかったのにな~

 

他にも何か書きたいことがあった気もしますが、

実は映画を観てからコレを書くまでに、

半月の月日が流れちゃってまして、けっこう忘れちゃっててsweat01

正直そんなに印象に残る映画ではなかった……かな(爆)

三国志という長い物語の一部を観るだけなら、

見応えのある(と思われる)PartⅡだけの鑑賞でもよいかもしれません。

 

soon人気ブログランキングにて、他の方の映画ブログもChecksign03

(ココから入って頂けると、このブログのランクも上がりますのでsweat02

一つよろしくお願いしますcoldsweats01

 

|

« 映画「コントロール」 | トップページ | 映画「アイム・ノット・ゼア」 »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画9」カテゴリの記事

コメント

ブログUP待ってました(笑)お忙しかったんですね~。

そうそう♪関羽ちょっと地味でしたよねぇ。全然、悪くはないんだけど、もっとバンバン出てきて活躍してほしかったですね。特に、私、ゲームのキャラで関羽をよく使ってたので 愛着があったもんで(笑)(*^m^)
壮大な映画なので 映像は頭に残りますが たしかにストーリーとしては中途半端といえばそうかも。やはり、これは後半に期待ですね★(◎´∀`)ノフャイヤー!

投稿: まにー | 2008年11月15日 (土) 20時23分

まにーさん、こんばんは。
 
そうなんです。けっこう忙しかったんです……
12時間以上も会社に拘束、
仕事内容がPCをずっと使っているものなので、
家に帰ってからPCを起動させる気も起きなくてcoldsweats01
 
ゲームで使ってたキャラクターの扱いが微妙だと、
ちょっと残念ですよね(笑)
赤壁の戦いで活躍する武将といえば
ある程度決まっちゃいますが、
後半に期待しましょう!

投稿: 管理人アキラ | 2008年11月17日 (月) 22時39分

こんばんは
お忙しそうですね,アキラさん!体調にも気をつけて・・・
三国志は全く予備知識なしの私ですが
おっしゃるように,懇切丁寧(すぎる)字幕や説明のおかげで
わかりやすく楽しめましたわ。
トニーと嫁のベッドシーンは早送りしたかったです・・・無駄?
(トニーはどうも,濡れ場が不可欠な俳優さんと思われているのかな?)
>PartⅠは長坂、Ⅱは赤壁にしとけばよかったのにな~
同感です!


投稿: なな | 2008年11月25日 (火) 22時25分

ななさん、こんばんは♪
お返事が遅くなってしまって申し訳ないです……crying
先週は会社拘束時間が14時間以上(爆)
これから風邪の季節なのに、
体調管理ができないのが恐ろしいですshock
というか、全身に寒気が走るような風邪
1回ひいちゃってましたケドwobbly
 
さて、レッドクリフですが、
映画冒頭の懇切丁寧な説明は、日本だけのものらしいとか??
たしかに一瞬にして状況を説明するには良かったですけど、
三国志に対する知識って諸外国の方が少ないんじゃ??
それとも他の国にはそれぞれの冒頭があるのでしょうか。
 
映画全体として迫力は凄かったので、
なかなか見応えはあったと思いますが、
趙雲の槍捌きが見事だっただけに、
長坂だけに焦点を当てた作品を観たかったな~と
思ってしまうのは欲張りすぎ??coldsweats01

投稿: 管理人アキラ | 2008年11月30日 (日) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540425/24969269

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「レッドクリフ PartⅠ」:

» レッドクリフ Part I [虎猫の気まぐれシネマ日記]
あらすじ: はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、孔明(金城武)と周瑜(トニー・レオン)はともに協力し、連合軍を結成。だが連合軍の数はわずか6万、片や曹操の軍勢は80万で、その兵力の差は誰の目にも... [続きを読む]

受信: 2008年11月25日 (火) 22時26分

« 映画「コントロール」 | トップページ | 映画「アイム・ノット・ゼア」 »