« 映画「イーグル・アイ」 | トップページ | 映画「ひゃくはち」 »

映画「容疑者Xの献身」

映画「容疑者Xの献身」を観ました♪

Yougisya_x  

一言:

もうすでに観てしまった人はもちろん、

原作「容疑者Xの献身」を読んでしまった人ならわかると思いますが、

この作品はシリーズの名を借りてはいるものの、

まったくの別ものです!

 

STORY

惨殺死体が発見され、新人女性刑事・内海(柴咲コウ)は

先輩と事件の捜査に乗り出す。

捜査を進めていくうちに、被害者の元妻の隣人である石神(堤真一)が、

ガリレオこと物理学者・湯川(福山雅治)の大学時代の友人であることが判明。

内海から事件の相談を受けた湯川は、

石神が事件の裏にいるのではないかと推理するが……。

シネマトゥデイより

 

ドラマ「ガリレオ」、原作の「探偵ガリレオ 」、「予知夢 」といえば、

毎回様々な科学技術を駆使したトリックにより成立する事件を

天才物理学者が解いていくストーリー。

>そんな技術あるのか~

と毎回驚かされると同時に楽しませてくれます。

しかしこの作品、

冒頭の数分こそその雰囲気を感じさせてくれるものの、

今作の事件は科学技術がまったく関係のないもので、

主人公すらもはや代わっているといっても問題ないくらい(笑)

テレビシリーズには非常に似合うキャッチ

>その謎を愛そう

という言葉も今作ではとてもじゃないけど適切ではない。

お馴染みの音楽も使いどころがまったくないような悲しいストーリー。

テレビシリーズで主人公を演じた福山雅治さん目当てに観に来た人、

テレビシリーズの楽しい雰囲気を期待して観に来た人は

多少がっかりする内容かもしれませんcoldsweats01

 

今回の容疑者と主人公は昔、大学で同期の仲。

ただそれだけの関係のために登場しているようなもので、

推理能力が高ければ誰でもよく、

別に物理学者である意味が今作ではさほど感じられません。

あえていえば、シリーズによって構築されてきた

「湯川」という人格を知っていれば、ラストで彼の悲しみや苦悩が

深く理解できるといったところかな??

相棒の刑事にいたっては全く必要なし

(原作では多少存在意義があったように思いますが……)。

 

ただ、「今までのシリーズと違うっ!」

とがっかりしてしまうだけの作品ではなく、

この作品はシリーズとは「まったくの別もの」と割り切れれば、

とても素晴らしい作品としかいえないハズgood

もうある意味主人公といってもいい存在、

容疑者Xこと「石神」の行動は涙なくして観ることができません。

 

シリーズと宣伝してはいるものの、それをタイトルに入れることはせず、

また、テレビシリーズでお馴染み、

主人公「湯川」のバックに意味不明な数式が流れながら

謎を解くシーンが削除されていたりと

>ある意味まったくの別作品

というのを映画の製作スタッフもけっこう意識しているように思えたところが

かなりの好印象good

 

石神という人間の描き方が素晴らしいだけでなく、

ミステリとしても申し分ない出来で、

ラストの真相が暴かれるところで驚かない人はいないでしょう。

ただ、映画の尺に収めるため、どうしても「深く」描かれていない部分が

原作を読んでしまった人間としては目についてしまうので、

石神の献身具合にもっと胸を打たれたい人、

ことの真相にもっと深く驚きたい人は、

是非自分のペースで読み進めることができる

原作をかなりオススメします♪

 

それにしても石神というキャラクター……

同じモテない男として(爆)

かなり心揺さぶられるところがあるんですよね~weep

映画ももちろんよかったですが、

「容疑者Xの献身」という作品自体にかなり惚れました(笑)

 

soon人気ブログランキングにて、他の方の映画ブログもChecksign03

(ココから入って頂けると、このブログのランクも上がりますのでsweat02

一つよろしくお願いしますcoldsweats01

 

容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)
容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7) 

 

|

« 映画「イーグル・アイ」 | トップページ | 映画「ひゃくはち」 »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画8」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
おお,アキラさん,TVシリーズにも原作にもお詳しいのですね~
TVでは湯川の天才的頭脳で事件を解明していくのでしょうが
そういえば映画では,別に湯川でなくても,
確かに優秀な探偵なら誰でもいいですね。
ましてや柴崎コウの役は完全に浮いていました。
原作の雰囲気を知っているものは,映画に十分満足していたようですが
劇場内の小学生などは,
あのお決まりの「実に面白い」というキメ台詞も少なくて,
とっても物足りない様子でした。
・・・・小学生にこの「献身的な愛」の真髄を理解して感動しろというのは
無理だろうな~~~,そりゃ。

投稿: なな | 2008年10月24日 (金) 20時29分

ななさん、こんにちは♪
 
テレビシリーズは実はそんなに詳しくないです(汗)
2,3回どんなもんかと見たくらいで、
毎度毎度キメシーン・キメゼリフがあったり、
ちょっと安っぽいかな~と思ったぐらいしか記憶にないですcoldsweats01
 
この映画化はそういった安っぽいイメージが払拭されてたので、
個人的にはけっこう驚き & 満足でした♪
まぁ、
「実に面白い」
を期待して観に来た小学生には
ちょっと厳しいかもしれませんね。

投稿: 管理人アキラ | 2008年10月26日 (日) 16時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540425/24699386

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「容疑者Xの献身」:

» 容疑者Xの献身 [虎猫の気まぐれシネマ日記]
TVドラマの「探偵ガリレオ」シリーズは未見だ。しかし,原作である東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」は,話題作だったので一読している。(詳しいところは忘れてしまっていたが,愛する女性のために完全犯罪を実行した天才数学者の物語・・・ということは記憶していた。) 原作では,小太りでまったく冴えない男・・・と... [続きを読む]

受信: 2008年10月24日 (金) 20時21分

« 映画「イーグル・アイ」 | トップページ | 映画「ひゃくはち」 »