« 映画「アイアンマン」 | トップページ | ドラマ「HEROES season2」 »

映画「ミリキタニの猫」

映画「ミリキタニの猫」を観ました♪

ミリキタニの猫 

一言:

80を超えた路上生活者のおじいちゃんに

「物語」がないわけがない。

そしてその物語には

やはり「戦争」という暗い影が影響してるんですね。

 

STORY

2001年、リンダ・ハッテンドーフはソーホーでジミー・ミリキタニから絵を買う。

その後、彼の路上生活を撮影し始めるが、9.11のテロが起きる。

濃い煙の中で咳(せき)をしながら絵を描き続けるミリキタニを見かねた彼女は、

彼を自分のアパートに連れて行く。

その日から画家と監督と彼女の飼い猫の不思議な共同生活が始まる。

シネマトゥデイより

 

ニューヨークで路上生活を営みながらもアーティストとして生きる

日系人ジミー・ツトム・ミリキタニ。

そんな彼とこの映画の監督リンダ・ハッテンドーフが出会うところから始まる

ドキュメンタリー(& ロードムービー)です。

 

アーティストといえど、ただの路上生活者であるジミー・ミリキタニ。

その名は全くの無名で、

一見、アーティストにありがちな怪しい雰囲気を纏っただけの

路上生活者の老人にしか見えませんcoldsweats01

しかし、彼(の絵)にある何か不思議な魅力は、

監督だけではなく、確かに私たちを強く惹きつけます。

 

映画が進むにつれ明らかになっていくジミー・ミリキタニの過去。

生まれ、日本(広島)の思い出、第二次世界大戦、原爆、

アメリカでの収容所生活、アメリカへの怒り、日本への想い・誇り。

そして9.11テロ。

>人に歴史あり

この言葉を感じずに観ることはできません。

 

先日鑑賞した「アキレスと亀」の主人公も

絵ばかり描いているアーティストなわけですが、

彼と異なっているのは

自分がアーティストであることに誇りを持っているところ。

時代の流れにより、アメリカ人でありながら

アメリカに不当な扱いをされたことによって持ってしまった

アメリカに対する激しい怒り、

逆に(たぶん幸せだったであろう)少年時代を過ごした

日本への想い。

ジミー・ミリキタニは、何かしらの力強さを持っていることが

伝わってくるようです。

 

そんな色々な過去を持つ人から生み出された絵やその人柄には

不思議な魅力が宿っており、

それが映画の魅力へとつながっています。

この映画について調べると目にすることになるであろう写真の一つに、

ジミー・ミリキタニ本人がピースで映っている写真があります。

彼のピースサインは心から平和を願っている

まさに「平和の象徴」そのものに思えてなりません。

 

親切なアメリカ人である監督リンダと出会ったことにより、

80歳にして少しずつ変わっていくジミーの姿はなんだか微笑ましくもあり、

元気をもらえます♪

 

なかなかオススメですgood

 

soon人気ブログランキングにて、他の方の映画ブログもChecksign03

(ココから入って頂けると、このブログのランクも上がりますのでsweat02

一つよろしくお願いしますcoldsweats01

 

ミリキタニの猫
ミリキタニの猫 

ピース・キャッツ 「ミリキタニの猫」画文集
ピース・キャッツ 「ミリキタニの猫」画文集 

 

|

« 映画「アイアンマン」 | トップページ | ドラマ「HEROES season2」 »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画8」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540425/24160149

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ミリキタニの猫」:

« 映画「アイアンマン」 | トップページ | ドラマ「HEROES season2」 »