« 映画「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 | トップページ | 映画「容疑者Xの献身」 »

映画「イーグル・アイ」

映画「イーグル・アイ」を観ました♪

Eagle_eye  

一言:

かなりの迫力ゴリ押し映画♪

あまりの緊迫感のある映像の連続で、

時間が過ぎるのも早かったですが、

かなり疲れました(笑)

  

STORY

アリアという謎の女性の電話で引き合わされた

互いに面識のないコピーショップ店員のジェリー(シャイア・ラブーフ)と

法律事務所の事務係レイチェル(ミシェル・モナハン)は、

愛するものを奪われ、アリアの指示通りに行動することを強いられる。

2人はすべてが謎のまま命令に従って行動するが、

やがてFBIの追っ手が迫る。

シネマトゥデイより

 

いきなりネタばれしちゃうと(爆)

愚かな人間の矛盾した行動にキレたスーパーコンピューターが

その能力を遺憾無く発揮し、

矛盾した行動をとる一部の人間を排除しようとするところに

巻き込まれちゃった人たちのお話coldsweats01

 

ただ、いきなりのネタばれにがっかりする必要はなく、

この部分は映画を見始めてすぐにだれもが予想できること。

映画のおもしろさとは別な部分だと個人的には思いますので

ご安心をwink

この映画のおもしろさは

緊張感の連続した展開と映像! なのです。

 

未来を秒単位で寸分たがわず予測してくる電話の声。

何が何だかわからないままその声に振り回され、

しかし声に従うしか生き残る術がない主人公たち。

FBIの執拗な追跡を紙一重で避けて行く緊張感と

それに伴い生じる破壊映像の連続。

いつになったらこのわけのわからない状況が終わるのか。

主人公たちと同じく、こっちまで胸が苦しくなるほど緊張が続きます。

 

所詮、命令されたことしかできないコンピューターには

人間の曖昧さや矛盾した行動が理解できない。

高性能な機械ほど、曖昧さを許容できる受け皿を用意するか、

絶対にとって欲しくない行動を入力しとくべきでしょう。

たとえば、今回のコンピューターのように

スーパーなカーナビがあったとしたら(笑)

「こっちのほうが絶対早いだろう」

と道を外れまくる私の運転はぶちキレられ、

「だったらカーナビなんていらないだろう」と機能を停止されるか、

「余分な行動をとるんじゃねぇ」と運転席に拘束されること

間違いなし(爆)

 

機械自身は目的を達するためにあるわけで、

その目的を達するためにすべての能力を用いてくるのは当たり前。

「やってはいけない」と入力、命令されてなきゃ、

人間にとっていかに極端な行動であっても即実行。

人間の予測を超えた行動をとってしまえる

力をもった機械を製造してしまわないための

「警告」といったところでしょうか??

 

平凡な青年がいかにスリリングな映画の世界に巻き込まれて行くか。

現実にはそうそうそんなことあるわけないので、

「きっかけ」はどの映画も似たようなものが増えてきた

と感じるのは致し方ないgawk

(本作の主人公ジェリーの巻き込まれ方なんて、

ウォンテッド」の主人公と微妙にカブってます……)

そういう意味で、

目新しさを求めてこの映画を鑑賞すると、ハズレるでしょう(爆)

機械のあまりに合理的な行動に為す術がない人間がいる一方、

人間の先の読めない行動に機械が一泡吹かせられる

ような展開があれば、もうちょっとおもしろかったかもしれませんね。

 

あまり映画を頻繁に観ない方にはけっこうオススメ。

映画マニアにはオススメできるか微妙……カモ。

個人的にはけっこう楽しめましたけどね♪

 

soon人気ブログランキングにて、他の方の映画ブログもChecksign03

(ココから入って頂けると、このブログのランクも上がりますのでsweat02

一つよろしくお願いしますcoldsweats01

 

|

« 映画「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 | トップページ | 映画「容疑者Xの献身」 »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画8」カテゴリの記事

コメント

うにょー(≧∇≦)!!やだぁ、アキラさんと気が合うぅ~★実はちょうどさっき私もイーグルアイのブログ記事UPして こちらに来たらなんと!イーグルアイ!!しかも、最初と最後の感想コメが似てる・・・
(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ 奇遇でうれしくなっちゃった~♪
いや~でも、私、電話の主の正体 予想はできなかったくらい ボケーっとみてましたよ(笑) みんな最初から気づいてたのか。わたしったら鈍感だ~(;´▽`A``
私も、じゅうぶん&けっこう楽しめましたよ★疲れたけどね(笑)
カーナビのたとえ。わかるなぁ(笑) カーナビって 良かれ悪かれみたいなとこあるからね♪でも、そんななったら誰も取り付けないわな( ´艸`)プププ

投稿: まにー | 2008年10月20日 (月) 19時19分

まにーさん、こんばんは♪
 
アリアの正体について
>映画を見始めてすぐに予想できること
ってのはちょっと言いすぎだったカモ(汗)
 
ただ、あまりに情報処理のスピードが早い上、
未来予知に近いくらいの正確無比な指示が
人間ならざる者の存在を「予感」させてくれました。
しかも正体の明かされ方が
ジャーンsign03
って感じのドンデン返し的なものじゃなく、
徐々に予想が確信に変わっていくような
ゆっくりしたものだったので、
個人的にインパクトが薄かったんです。
(みなさんおっしゃるとおり使い古された設定でもありますし)
普通、正体不明の登場人物が明かされるのは
1,2を争う見どころの一つのはずなんですけどねcoldsweats01
 
冷静なツッコミを入れるとキリがない作品ですが、
冒頭のミサイルのシーンや、双子の設定、
二人が選ばれた理由など、
割と伏線も多かったのは好印象でgood
まぁ総合的にみたらけっこうおもしろい作品でしたよね??

投稿: 管理人アキラ | 2008年10月21日 (火) 00時40分

こんばんは
あはは,そういえばジェリーの巻き込まれ方は
ウォンテッドに似てましたね。
最初オタオタしていたジェリーも,だんだんアクションが板についてきましたし。
この物語,敵は「コンピューターだな」というのは早い段階からわかりましたが
それでも怒涛の展開から目が離せませんでしたね。
アリアの融通のきかなさ,説得しても無駄なところとかは
やはり「機械」の業ですね。
「彼女をどうやって止めるんだ~?」とハラハラしましたが
案外あっけなく壊されてしまいました・・・。ちょっと拍子抜けcoldsweats01
つっこみどころをあげるとキリがないのでしょうが
私も十分楽しめました!

投稿: なな | 2008年10月21日 (火) 21時52分

ななさん、こんばんは♪
 
>案外あっけなく壊されてしまいました……
たしかにcoldsweats01
今まで散々主人公たちを苦しめてきた機械だからこそ、
あの最後にはがっかりしましたね(笑)
最終的に主人公たちを
自らの懐に入れることがわかっているのに、
あの防御の弱さはなんとかならなかったのかな~??catface

投稿: 管理人アキラ | 2008年10月22日 (水) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540425/24596958

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「イーグル・アイ」:

» Eagle Eye (イーグル・アイ) ネタばれあり [うだるありぞな]
今回は、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮で、彼の大のお気に入りのシャイア・ラブーフをまたまた主役にすえたサスペンス・アクション大作「Eagle Eye イーグル・アイ」 [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEsLw3SffL8sd7fsIlcmGDA2xS4P1czEhKQSANAZD1g=] ジェリー・ショー(シャイア・ラブーフ)とレイチェル・ホロマン(ミシェル・モナハン)の2人は、見知らぬ女性からかかってきた不可解な電話によって引き合わさ... [続きを読む]

受信: 2008年10月20日 (月) 05時36分

» イーグル・アイ [虎猫の気まぐれシネマ日記]
全人類67億人 選ばれたのはたった2人 生き延びるには、従うしかない 一面識もない男女が,突然巻き込まれる迫力たっぷりのアクション・スリラー。原案はスティーヴン・スピルバーグ,主演は注目していたシャイア・ラブーフとくれば,何があっても劇場で観ようと決めていた。 あらすじ: アリアという謎の女性の電話... [続きを読む]

受信: 2008年10月21日 (火) 21時53分

« 映画「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 | トップページ | 映画「容疑者Xの献身」 »