« 映画「ダージリン急行」 | トップページ | 映画「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 »

映画「闇の子供たち」

映画「闇の子供たち」を観ました。

Yaminokodomo  

一言:

「フィクションだ」と割り切って観るのも

「本当に……」と真剣に考えながら観るのも

最終的には観る人次第。

ただ、「幼児売春」「臓器売買」という言葉がある以上、

そういった行為が過去~現在に存在している(た)ことは否定できず、

考えてみる価値はあるはず。

 

STORY

日本新聞社のバンコク支局駐在の南部(江口洋介)は、

東京本社からタイの臓器密売の調査を依頼される。

同じころ、恵子(宮崎あおい)はボランティアとして

バンコクの社会福祉センターに到着する。

彼女は所長から、最近顔を見せなくなったスラム街出身の少女の話を聞くが、

実は彼女は父親に児童性愛者相手の売春宿に売り飛ばされており……。

シネマトゥデイより

 

江口洋介さん、宮崎あおいさん、妻夫木聡さん、佐藤浩市さん

と、そうそうたるメンバーが出演されていますが、

出演されてる方が有名どころばかり→ヌルい映画

という図式は成立していません。

「幼児売春」「臓器売買」という

いやでも虫唾が走る犯罪がテーマ。

このテーマを選び、実際に映画を完成させたという事実だけでも

拍手を送りたい気分。

また、役どころによっては激しくバッシングを受けることが予想できる中、

果敢にも出演された俳優さんたちにも拍手。

この映画に出演したという事実だけで、

これらの問題について

真剣に考えようとしている心意気が伝わってきますgood

 

どこまでがフィクションで、どこからがノンフィクションなのか。

散々ヒドい目に遭った挙句、エイズになってしまった少女が、

生きたまま袋につめられ、ゴミとして出される……

ゴミ捨て場から繭をやぶるようにして袋を破り、

命からがら地面を這いずりながらも故郷へ帰る少女。

そして、そこまでして故郷に帰った少女に待っていた運命……

あまりの悲惨な姿に、とてもじゃないけど見てられないweep

いったい彼女は何のために生まれてきたんだろう?

彼女がいったい何をしたっていうのだろう??

 

どうしようもない人生の困難にぶち当ったとき、

>人生の困難は乗り越えるためにある

なんて言葉を聞きますが、

どう考えたって乗り越えられない事態はある。

>前世での行いが悪かったんじゃ?

なんて言葉じゃ片付けられないほどの

短く、不幸しかない子供たちの人生に

憤りを感じながらもただ呆然と鑑賞するしかありません。

 

一方、

これら子供たちの不幸な物語に考えさせられるものはあるものの、

映画そのもののストーリーはなんともテンポの悪い出来。

2つのテーマに関連はあるものの、

あまりに重い内容のため描き切れてない気がします。

正直、主人公たちが絡んでくると、

フィクションっぽい雰囲気が漂ってきて、

なんだかウソっぽいんですよねthink

この内容の映画に有名な俳優さんが出演というのは

拍手したいくらい感心してはいるのですが、

実際には知らない役者さんばかりで構成したほうが

リアリティは増したかな、なんて思ってしまいます。

 

テーマは非常に興味深い映画ですが、

あまりオススメできない映画かな??

興味のある方は、

(私は未読ですが)本↓を読まれたほうがいいかもしれません。

 

soon人気ブログランキングにて、他の方の映画ブログもChecksign03

(ココから入って頂けると、このブログのランクも上がりますのでsweat02

一つよろしくお願いしますcoldsweats01

 

闇の子供たち (幻冬舎文庫)
闇の子供たち (幻冬舎文庫) 

|

« 映画「ダージリン急行」 | トップページ | 映画「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画8」カテゴリの記事

コメント

おぉー。キタ!ミニシアター系!(゚▽゚*)
これね~、私、予告見た時点でキツイなーと思いました。
重いテーマだし、フィクションだと言い切れない・・・。
つまぶきクンも、最初はオファー断ったそうですよね。終わりがないからって。確かにその通り。どうしようもない現実もありますもんね(ToT) 私は観にいきませんでしたが、やっぱり重そうな映画ですねー。
知りたくない気持ちもあるけど 知らないふりもできない。
映画で何か変わるといいのですが。DVDになったら観ようかなぁ。(。・w・。 )

投稿: まにー | 2008年10月15日 (水) 22時49分

まにーさん、こんばんは。
 
この映画、最近の邦画にしてはめずらしく、
取り扱ってるテーマがかなり重い内容ですよね。
あまりに現実離れしてる(気がする)内容なので、
>所詮フィクション
>昔はちょっとはこういうことあったかもしれないけど
  今はもうないよ
なんて言葉で片付けたくなる内容でした。
 
ただ、思ったほど胸くそ悪くなるようなシーンは多くなくて、
テーマについて自ら深く考え込まない限り、
意外とさらりと観れる気もします。
考える「きっかけ」として良いとは思いますが、
だったら本やDVDでも十分……かもcoldsweats01
まぁ、観ると間違いなく気分が落ち込みますので、
それなりの覚悟と注意は必要かもしれませんけどbearing

投稿: 管理人アキラ | 2008年10月16日 (木) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540425/24442204

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「闇の子供たち」:

« 映画「ダージリン急行」 | トップページ | 映画「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」 »