« 映画「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」 | トップページ | 映画「ドラムライン」 »

映画「ダークナイト」

映画「ダークナイト」を観ました♪

Dark_knight  

一言:

これはおもしろい!

「バットマン」というある意味使い古されたキャラクターで

>よくぞここまでやってくれた……

と拍手を送りたいぐらいです(笑)

 

STORY

悪のはびこるゴッサムシティを舞台に、

ジム警部補(ゲイリー・オールドマン)や

ハーベイ・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、

バットマン(クリスチャン・ベイル)は街で起こる犯罪撲滅の成果を上げつつあった。

だが、ジョーカーと名乗る謎の犯罪者の台頭により、

街は再び混乱と狂気に包まれていく。

最強の敵を前に、バットマンはあらゆるハイテク技術を駆使しながら、

信じるものすべてと戦わざるを得なくなっていく。

シネマトゥデイより

 

タイトルから「バットマン」の文字が消えた本作。

確かに主役であるはずのバットマンの影はちょっと薄かったcoldsweats01

バットマンシリーズの見どころの一つ、

金にものをいわせたバットマンのハイテク機器の数々は顕在なものの、

どうもバットマンの活躍だけに焦点を当てた作品ではなくなったようです。

ゴッサムシティーで繰り広げられる

正義 vs 悪 の戦いを描いた作品ともいうべきかな??

 

とにかく悪役「ジョーカー」の存在が恐ろしいほどに凄い!

アメコミの敵役にありがちの人間の域を超えた「特殊な能力」を持つわけでもなく、

バットマンと同じく金にものをいわせた機器を駆使するわけでもない。

指紋もDNAも記録がなく、

口からでるのはホントかウソかわからない言葉ばかり。

単純に「悪」というだけで、ここまで強い……bearing

まさに、アルフレッドのセリフ

>彼を理解することはできない

が示すとおりの存在。

 

今思えば、

バットマン、ジョーカーに加え、デント検事の3人のバランスは絶妙なんですが、

あまりのジョーカーの迫力に

鑑賞中の意識はすべてジョーカーに注がれちゃってましたcoldsweats02

本作の出演後に急死したジョーカーを演じたヒース・レジャー。

この作品を観てしまったら、その死を惜しまない人はいないでしょう。

劇中、ジョーカーから発せられた

>2人の戦いはこれから長く続く

というセリフにどこか悲しさを覚えてしまいますweep

 

この映画はかなりオススメできる作品です。

バットマンシリーズを観たことがなくても、

>バットマンは金持ちだけど、

>ちょっとダークなイメージのあるヒーロー

ぐらいの知識があれば何も問題なく映画は観られます。

もちろん映画「バットマン ビギンズ」を観とけば間違いないですけど。

 

soon人気ブログランキングにて、他の方の映画ブログもChecksign03

(ココから入って頂けると、このブログのランクも上がりますのでsweat02

一つよろしくお願いしますcoldsweats01

 

バットマン ビギンズ
バットマン ビギンズ 

|

« 映画「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」 | トップページ | 映画「ドラムライン」 »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画6」カテゴリの記事

コメント

おぉ~!!すばやい♪先行ですか~!(^O^)
私もこれ観に行く気、満々です~!(^^)!
ヒース・レジャーの遺作 目に焼き付けないと・・・。
でも本当、死は残念でなりませんね(/_;)
先々月に、ヒースレジャーが出演してる『アイム・ノット・ゼア』も劇場に観にいったのですが 「ああ、これも遺作なんだよなぁ」と思い胸が痛くなりましたよ(T_T)
アキラさんの感想見てますます観に行きたくなりましたぁ☆彡
楽しみ~(*^^)v
.

投稿: まにー | 2008年8月 4日 (月) 21時49分

まにーさん、こんばんは♪
 
先行、しかも朝一で鑑賞してきました(笑)
時間があったもので……
かなりおもしろかったので、
混んでる中、観に行った甲斐がありましたhappy02
 
ハードル上げちゃいますが、
まにーさんも絶対楽しめると思いますよsign03
 
「アイム・ノット・ゼア」
観たかったんですが、上映してる劇場が近くになくて、
時間も取れなかったのでまだ未鑑賞です。
DVD待ちの状態なので、私はこっちが楽しみ(笑)

投稿: 管理人アキラ | 2008年8月 5日 (火) 00時00分

アキラさん,こんばんは

>バットマンは金持ちだけど、ちょっとダークなイメージのあるヒーロー・・・
の箇所でつい笑ってしまいました。ハイテク機器で身につけたパワーは
われわれ庶民から見れば,ちょっとひがみ根性も起こらなくはないのですが
ラストであんな濡れ衣を被って逃走する姿は,崇高でもありました。
そして,パワーなど何もないのに,「純粋悪」というだけで,かくも恐ろしいジョーカー。
CG技術にも頼らず,不気味なメイクのみで,あそこまで恐ろしいキャラを体現したヒースの演技は
おっしゃるように,素晴らしかったと思います。

投稿: なな | 2008年8月10日 (日) 23時31分

ななさん、こんばんは♪
 
アメコミ映画ではめずらしく、
ストーリーやキャラ(裏)設定が細かいところがいいですよね。
口の裂けたジョーカーが口をくちゃくちゃする仕草とか、
「リアル」の一言。
 
多くのアメコミ映画のように
超人 vs 超人のガチンコなんでもアリのようなバトルも
単純で観ていておもしろいといえばおもしろいですが、
設定が練られてる映画はやはり別格♪
で、さらにキャストが素晴らしいとくれば、
文句のつけどころがあるハズがないですよね(爆)

投稿: 管理人アキラ | 2008年8月13日 (水) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540425/22745152

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ダークナイト」:

» ダークナイト [虎猫の気まぐれシネマ日記]
先行上映をご覧になったブロガーさんたちが,こぞって高評価のこの作品。今日,公開と当時に鑑賞してきたが,確かに桁外れの完成度の高さ。アクションのスケールといい,テーマの奥深さといい,キャラ立ちの素晴らしさといい,観客を茫然とさせる圧倒的な余韻といい… ・・・・これは,もはやアメコミの範疇を軽く越えてい... [続きを読む]

受信: 2008年8月10日 (日) 23時13分

» ダークナイト/THE DARK KNIGHT [我想一個人映画美的女人blog]
          好きなアメコミは?憧れのヒーローは?と聞かれたら 「バットマン{/atten/}」と即答するほど、実は(っていうほどのコトじゃないけど)『バットマン』好き{/heart/} 『バットマンビギンズ』からもう3年、新生バットマン第二弾は、前作同様 クリストファー・ノーラン監督がメガホン。 ヒース・レジャーの遺作としても注目度が高まってる。 18日から全米で公開、初登場No1大ヒット中{/ee_3/} 映画版『バットマン』の1&2作目の監督はティムバートンで バー... [続きを読む]

受信: 2008年8月13日 (水) 22時58分

« 映画「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」 | トップページ | 映画「ドラムライン」 »