« 映画「秘密結社 鷹の爪 THE MOVIEⅡ ~私を愛した黒烏龍茶~」 | トップページ | 映画「転々」 »

映画「シッコ SiCKO」

DVDにて映画「シッコ SiCKO」を観ました。

シッコ  

一言:

「アメリカでビッグになってやる!」なんて

現実逃避している人に見せましょう。

一気にアメリカ熱が下がること請合いです(笑)

(するつもりもないけど)アメリカで永住はできないなぁ~

 

STORY

ドキュメンタリー監督マイケル・ムーアが、

4700万人の無保険者だけではなく、

保険料を支払っている数百人にもマイナスの影響を及ぼす

アメリカの医療システムの実態を明らかにする。

カナダ、イギリス、フランスを訪れ、

国民全員が無料医療の恩恵を受ける国の事情を見つめながら、

アメリカの混乱した医療制度を浮き彫りにしていく。

シネマトゥデイより

 

「アメリカ」という国の名前を聞くだけで、

>なんでも日本より優れてる

>お手本にすべき国

というイメージが日本人には湧きがちですが、

日本のほうがマシな部分というのが

この映画に描かれていますbleah

 

普段は関係ないけれど、いざというときなくてはならない

「医療保険(制度)」。

税金ばかり払っている部分が多くなるため、

どうしても「勘弁してくれよ、国家……」となりがちですが、

この映画を観れば、

低価格で医療が受けられる日本をありがたいとさえ思ってしまいます

(もっとより医療制度の国もあるみたいですが……)。

 

>この制度はダメだ

>ここは他国を見習うべきだ

といった言葉を日本のニュースではよく目(耳)にしますが、

他の国が自分の国を批判してる映像を観ることは

なかなかないように思います。

この映画はアメリカ人がアメリカを批判するものであり、

そういった意味で、ちょっと日本人には新鮮に映るかも。

 

支払うことがなければ、すべて保険会社の利益。

保険には少なからずそういった側面が存在します。

支払わなければならなくなる「いざというとき」を

少しでも減らそうという努力は大変すばらしい活動になりますが

(皆が病気にかからないよう注意を促すなど)、

いざというときに難癖をつけ、支払い押さえる手法は許せません。

そういう手法はある意味、詐欺の常套手段と同じ。

特に、健康に対する保険は備えの中でも最重要。

最低限の保障は、利益の絡まない国がしてくれなければ、

怖くて仕方ありません。

 

まぁ、演出が極端な映画なため、

すべてアメリカが×だと決めつけるのは危険かもしれません。

しかし、支払能力が認められないからと

病院から捨てられた患者の映像など、

アメリカの悪い部分の

(すべてではありませんが)確実に一部を収めた

考えさせられる映画でした。

 

soon人気ブログランキングにて、他の方の映画ブログもChecksign03

(ココから入って頂けると、このブログのランクも上がりますcoldsweats01

 

シッコ
シッコ

|

« 映画「秘密結社 鷹の爪 THE MOVIEⅡ ~私を愛した黒烏龍茶~」 | トップページ | 映画「転々」 »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画5」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540425/21889319

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「シッコ SiCKO」:

« 映画「秘密結社 鷹の爪 THE MOVIEⅡ ~私を愛した黒烏龍茶~」 | トップページ | 映画「転々」 »