« 映画「恋空」 | トップページ | 映画「犯人に告ぐ」 »

映画「紀元前1万年」

映画「紀元前1万年」を観ました。

10000bc 

一言:

お金をかけてそうな映像が多数で迫力は抜群。

しかし、時代設定が「紀元前1万年前」というだけの

ただの英雄物語。

ストーリーに紀元前1万年前ならではの「何か」が入ってるわけでもなく、

ちょっとがっかり(笑)

 

STORY

人類や野獣、マンモスも生息していた紀元前1万年、

勇気ある若者デレー(スティーヴン・ストレイト)は戦士たちを率い、

襲い掛かるサーベルタイガーなどと死闘を繰り広げながら旅を続けていた。

デレーは他民族の悪の帝王に奪われた

最愛の恋人エバレット(カミーラ・ベル)を取り戻すため、

失われた文明を目指し……。

シネマトゥデイより

 

今までのこのブログの書き方上、

STORYを転載してますが、映画を観終えた後コレを読むと

「なんだこのウソばっかの紹介はcoldsweats02

と思わず言ってしまうほどのテキトーさ。

微妙に違うだけとみせかけ、全然違ってますcoldsweats01

書いといてアレですが、コレは無視して下さい(笑)

 

Ctrl + F 「映画」流「STORY」は……

とある平和な村が、突如他の部族に襲われ、

主人公は無力にも何もできず、何人かが奴隷として連れ去られる。

その中には主人公の彼女もおり、

彼女を取り返すため、主人公は数人と旅へ出ることに。

道中、野生の生物に襲われたり、

他にも主人公たちと同じように襲われた部族の生き残りと合流しながら、

敵の後を追い続けるが、

敵は主人公たち部族とは大きくかけ離れた文明を持つ大国だった……

とまぁ、こんな感じで、時代は違えど「ありがち」なお話。

 

宣伝でも大きく取り扱ってるように、

マンモスやサーベルタイガーなど、現在では絶滅した生物が出てきたり、

遺跡としてしか残ってない建築物が、まだ建設途中だったりはしますが、

それ以外には「紀元前1万年」を感じさせるものはありません。

髪がボサボサの汚い服を着させた人間や、

不思議な神を崇める煌びやかだけど不思議な衣服を身につけた

アフリカ系の人間を登場させればOKというものではありません。

なにより、

>連れ去られた彼女を助けに行く

という、既に使い古されたストーリーを

無事救出するラストまで何のヒネりもなく、その王道を突き進むので、

観ていて「次はどうなるんだろ?」というドキドキ感がありません。

こんな内容なら、

この時代の生物(人間を含めてもいいけど)にスポットを当てた

ドキュメンタリーでも観てたほうがまだおもしろい気がします。

 

今回の映画のような「昔」を取り扱った物語には

必ず当たる予言ができる「占いオババ」みたいな人物が

高確率で登場しますが、

本作もその例に洩れず、ご登場。

そして、コイツが映画の冒頭で、「予言」として

映画のストーリーを全部しゃべっちゃうのがありえません(爆)

ただでさえ先が読めるのに、

開始そうそう先がバラされたとあっちゃ、

「がっかり」という言葉以外何も思い浮かびません。

 

しかもこのオババ、

心の目で離れている主人公を見て、

出来事を一緒に体験することができるらしく、

主人公がピンチになるような映画的にイイところで、

たびたび割り込んできては緊張感を削いでくるので、

正直うっとおしいbearing

 

現在存在していない野生生物と人間とが一緒にいる映像、

それ自体の目のつけどころはよいと思いますが、

平凡なストーリーが全てを台無しにしています。

よって、映画全体の評価は微妙……かな??

 

soon人気ブログランキングにて、他の方の映画ブログもChecksign03

(ココから入って頂けると、このブログのランクも上がりますcoldsweats01

 

アポカリプト
アポカリプト 

こっち↑の方がまだおもしろかったかな~

|

« 映画「恋空」 | トップページ | 映画「犯人に告ぐ」 »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画4」カテゴリの記事

コメント

アキラさん ちょっとお久しぶりです。

これ,ほんとにアレでしたね。雑な作品でしたわ。
シネマトゥディのあらすじって,改めて読んでみるとほんと嘘ですね~~。

ストーリーに魅力がなかったのが一番イタかったですね。
たしかに奪われた恋人を助けにいくって・・・ありがち。
あれしか思いつかなかったんでしょうか。

オババは私もうっとおしかったです。
一番ヤだったのは,話を中断すること,かな。
しまいのほうは,もうあきらめて「そろそろ出るかな?オババ」と待ち構えてしまいましたが。

投稿: なな | 2008年6月 8日 (日) 23時22分

ななさん、お久ぶりです♪
 
オババによる話の中断は、
平凡なストーリー以上に映画を台無しにしてた
かもしれませんねsweat02
 
>そろそろ出るかな? オババ
と「オババ待ち(笑)」してしまう映画って
正直どんな映画だって話ですcoldsweats01

投稿: 管理人アキラ | 2008年6月 9日 (月) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540425/21124802

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「紀元前1万年」:

» 紀元前1万年 [虎猫の気まぐれシネマ日記]
いかにも歴史的な興味をそそるタイトルに騙されてはいけないという皆様のレビューを肝に銘じて,ローランド・エメリッヒ監督の,大味・大袈裟・大風呂敷の世界を,割り切って楽しんでまいりました! [E:happy02] なかなか面白かったです[E:sign03] 紀元前1万年・・・・未だ誰も見た事のない世界・... [続きを読む]

受信: 2008年6月 8日 (日) 22時58分

« 映画「恋空」 | トップページ | 映画「犯人に告ぐ」 »