« 映画「図鑑に載ってない虫」 | トップページ | 映画「燃えよ!ピンポン」 »

映画「Sweet Rain 死神の精度」

映画「Sweet Rain 死神の精度」を観ました。

Photo  

一言:

原作を読んだときに一番驚いた部分がいきなりネタばれ気味(笑)

映像化にあたって、どうしても仕方のない部分ですが、

ちょっと残念でした……

 

STORY

死神の千葉(金城武)の仕事は、

不慮の事故で亡くなる予定の人物のところに7日前に現れ、

その人を1週間観察し、その生死を判断すること。

雨男の彼はその日も雨の中、7日後に死を迎えるはずの27歳の会社員

一恵(小西真奈美)が現れるのを待っていた。

やがてメーカーの苦情係として働き、

疲れ果てて仕事を終えた彼女が姿を見せ……。

シネマトゥデイより

 

金城武さんはかなりのハマり役sign03

もともと日本語に少し違和感を感じる部分が(笑)

いい方向に「異質な死神」をうまく表現しており、

ちょっとコミカルな感じも出ていて、とても可愛らしい。

様々に変化する衣装をどれも着こなしていて、お似合いshine

金城ファンにはたまらないでしょう(笑)

富士純子さんの演技は言わずもがな、素晴らしいし、

小西真奈美さんも歌うまいんですね、びっくり!

キャストはバッチリgood

そして、人気作家 伊坂幸太郎さんの作品が原作ということで、

ツマらない作品になりようがありません(笑)

 

が、しかし、映画(化)ってホント難しい。

ある「一点」が許せないと評価が激変しちゃいます。

私の感想としては 「悪くはないけど、残念」

まさにこの一言に尽きますdespair

 

死神「千葉(金城)」は「過去」、「現代」、「近未来」と3つの時代を渡り歩きます。

これは公式サイトや他のサイトでも

「ネタばれ」の範囲外として見られる情報です。

また映画冒頭に、登場人物(髪型)や小モノ、建物の作りなどから

容易に時代が現代より前だと感じることができ、

むしろ「過去」であることを観てる人に

意識させようとしているようにしか見えないつくりです。

(未来の表現の仕方もあからさますぎてちょっと……)

 

一方、原作は、

「時代」をあまり意識せずに読み進められ、

一見バラバラに見えるオムニバス形式のストーリーが並んでいます。

各ストーリーが時代をまたいでいることが明らかになるのは、ラスト。

人間の活動に対して興味のない死神は、

世間一般の「常識」をあまり知らないものの、

時折、過去担当したことのある偉人の言葉を知っていたりします。

そこに長年生きているという「時代」をさりげなく感じることができるのですが、

ただの設定としか感じられず、あまり印象に残りません。

ところがラスト、

各ストーリーの微妙な繋がりから、時代背景が明らかになります。

ページをめくり、簡単に物語を読み進めているうちに

なんと半世紀もの時間が流れており、

そこに死神との「時間に対する感覚のズレ」を強烈に印象づけられました。

私的にはこの「時間の感覚」が

この小説のおもしろかったファクターの重要な1つだったのです。

で、映画化によるこの部分の描かれ方が、

ちょっと私のお気に召しませんでした(爆)

 

小説では、登場人物のまわりの景色などは特に書かれていない限り、

読む人が想像するしかありません。

しかし、映画は映像を扱うため、そういうわけにはいきません……

難しい(無理??)のはわかるんですが、

「そこ」をなんとかしてほしかったですcoldsweats01

 

まぁ、「Sweet Rain」なんて題もついてることだし、

ストーリー重視というか、

「時間の流れにびっくり」的な部分には

あまり重きを置いてないのかもしれませんね。

 

原作は文句なしにオススメですが、

映画は……微妙coldsweats01

映画じゃなくて、ドラマのほうがよかったような気がします。

あ、でもそれだとオムニバスっぽい部分は活かせるけど、

最初と最後の「繋がり」に感情移入しづらいか??

やはり、原作があるものは原作が一番?? coldsweats01

 

こちらオススメgood

死神の精度(原作)

|

« 映画「図鑑に載ってない虫」 | トップページ | 映画「燃えよ!ピンポン」 »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画2」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
わたしもbook原作の方が好きです。
映画は・・・・どこがどうとうまくいえませんが
物足らなかったり,穴だらけに感じました。
でも,金城さんはよかった!
原作でも十分魅力を感じていた千葉というキャラを
まさに魅力的に体現してくれました。
それだけが満足・・・・いや,それだけでもこの作品は好きなのですけどね。
ところで,アキラさんのこのブログを
拙ブログにリンクさせていただいても よろしいでしょうか?

投稿: なな | 2008年3月25日 (火) 22時20分

>ななさん
こんばんはsign03
 
金城さん演じる「千葉」はホント魅力的でしたねnotes
劇場出口で前を歩いていらっしゃった
おば……お姉さん軍団も口々に
「カッコイイし、可愛いし、よかったわぁ~」
とおっしゃってましたhappy01
 
リンクの件ですが、
どうぞ、どうぞ、このようなブログでよろしければ
どんどんリンクしちゃって下さいimpact

投稿: 管理人アキラ | 2008年3月26日 (水) 00時01分

TBをありがとうございました。
アキラさんと同じく、面白いんだけど、物足りなさを感じた映画でした。
1度目を見た後、偶然、筧監督のドラマを見たのですが、面白いドラマだったんです。
ドラマの監督としての感性が強い監督のかな。
原作があっても、映画として一人立ちできる面白さを出してほしい。
原作を読んで、補いたくなりましたもん。
文句を言って申し訳ないけど、魅力的な映画だっただけに、
もうひと頑張りしてほしかったです。
この映画の後、アン・リー監督の『ラストコーション』を見て、映画パワーの違いに圧倒されました。
こちらも、原作モノなんですけど。
やっぱ、中国大陸はスケールが違うのかな~。


投稿: hoppen | 2008年4月 8日 (火) 00時40分

hoppenさん
コメントありがとうございます♪
 
やはり「ちょこ~っと」物足りなかったですよね(笑)
無茶苦茶悪くないってとこが逆にもったいないconfident
 
「ラストコーション」、興味はあったんですが、
時間が調整できなくて観れませんでした……
hoppenさんのコメント見て、
スケールの違いを体感したくなりましたー
(DVD出るまで我慢catface
日本に入ってくるような中国映画のスケールは
ほんとすごいですもんね。
邦画でああいった圧倒されちゃう映画って
ホント少ないですもんね。

投稿: 管理人アキラ | 2008年4月10日 (木) 18時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540425/11715471

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「Sweet Rain 死神の精度」:

» 「死神の精度」映画の方を見た [日本サッカーホールディングス]
序盤では、これぢゃあ「世にも奇妙な・・」っぽい なんて思いながら見ていたのですが ちょとづつ話がつながってくると これもアリかなぁなんて考え直してしまいました。 原作の方はずいぶん前に読んだので ほとんど覚えていなかったのですが。 金城武をキャスティングしたのは良かったですね。 かれのパーソナリティもそうですが ハーフで外国育ちという要素が、どこかぎこちない 死神のキャラにはまっているのでした。 もう一度、原作を読んでもいいかな なんて思いましたとさ。 ... [続きを読む]

受信: 2008年3月25日 (火) 21時39分

» 死神の精度 [旅人のにちじょう]
Sweet Rain 死神の精度を見た 原作を読んで映画化されると知り どれどれと見に行った う〜ん 映画だけみればいい映画だった でも 原作と比べちゃうとどうかなあ 死神はもう少し見た目年上で もう少し渋いといいけど 金城武はまあOK 小西真奈美は思ったより歌が上手だった 本を読んだ時は特に役者は設定しないけど 自分なりのイメージが出来るので ぴったりはまるキャスティングは無理として ストーリー展開はなあ・・・ 短編がいくつか重なって 最後にはぴたりとはまる原作だけど 原作のつながり方とは... [続きを読む]

受信: 2008年3月25日 (火) 21時46分

» Sweet Rain 死神の精度 [虎猫の気まぐれシネマ日記]
人気作家・伊坂幸太郎の同名小説 [E:book] の映画化作品。原作もとても面白く,よくできた連作短編集で6話からなるが,映画ではその中の「死神の精度」・「死神と藤田」・「死神対老女」の3話が描かれていた。 原作でも,映画でも,何より魅力的だったのは,設定された「死神」たちのキャラクターだ。彼らの仕... [続きを読む]

受信: 2008年3月25日 (火) 22時15分

» 【再】『Sweet Rain 死神の精度』: 舞台挨拶+劇場鑑賞(2008.03.22) [hoppenの韓的な日々♪]
完成披露試写会で見た『Sweet Rain 死神の精度』が、 3月22日(土)から公開されました。 お友達が、舞台挨拶の回のチケットを譲ってくれたのですが、 なんと、前から4列目の真ん中ブロック! かなり近い距離で、金城君が拝めました〜。 試写会のときと同じく、紳士で、にこやかで、優しく、素敵な俳優さんです。 映画は、今回は寝ないでちゃんと見ました。 そしたら、けっこう面白かったりもして。 舞台挨拶の様子ともに、再度、レビューを書き直すことにいたしました。... [続きを読む]

受信: 2008年4月 8日 (火) 00時26分

« 映画「図鑑に載ってない虫」 | トップページ | 映画「燃えよ!ピンポン」 »