« 映画「アヒルと鴨のコインロッカー」 | トップページ | 映画「暗いところで待ち合わせ」 »

映画「テラビシアにかける橋」

映画「テラビシアにかける橋」を観ました♪

表テラビシアにかける橋"

 

一言:

映画後半、4席ほど右にいたおばちゃんと二人で

泣きっぱなしでした(爆)

 

Terabithia_3  

STORY

女兄弟ばかりの貧しい家庭で育った小学5年生のジェス(ジョシュ・ハッチャーソン)と、

引っ越してきたばかりの個性的な少女レスリー(アナソフィア・ロブ)。

学校を牛耳るいじめっ子のターゲットにされてばかりの2人はやがて親友同士となり、

近所の森に美しい空想上の王国“テラビシア”を作る。

シネマトゥデイより

 

ここ最近、良作の映画ばかり鑑賞できてますhappy01

まぁ、時間がないために、色々下調べをして

当たりをつけて観に行ってるってのもありますが……

 

この映画、予告が洋画の大作でもないのに

「Yes!プリキュア5」などの完全子供向け映画についていたので、

多少の危険を感じていたんですが、

観に行って正解でしたhappy01

 

ただ単にストーリーで泣かせるだけの映画ではなく、

ファンタジー要素等も含んでて、見応え充分note

予想外にCGが使われてたんですが、全然OKsign01

そう、小さい頃はあんな風に現実に見えないものも

確かに見えてた気がしますから。

 

私も、家の隣にあった公園は別世界で、

落ちてる枝は剣であり、魔法の杖だったし、

生えている木は、見えるままの姿じゃなかった気がします。

この映画を観ていたら、

子供の頃のなつかしい気持ちがどんどん甦ってきます。

 

どこまでが「現実」でどこからが「想像」なのか、

わけがわからない映画とも言えますが、

そこが逆に良かったと思います。

子供にとって現実も想像も、区別があってないようなもんですから。

自分にもあったあんなに素晴らしい想像力。

いつの間になくなっちゃったんだろう……と

少し切なくなりましたweep

 

良い映画につきものの音楽も、もちろん素晴らしいですnote

お金があったなら、サントラも迷わず買ってるに違いありませんbleah

TRAILARを観直したりしながらブログを書いてるんですが、

お金はないですがサントラが本気で欲しくなってきました。

というか、サントラどころか上映終了前に

もう1回観に行きたいカモ。

同じ映画を1ヵ月以内に2回観たいなんて「ありえない」と

ずっと思ってたんですが、これはイケそうですhappy02

2回目はハンカチ持って行かなきゃなhappy01

かなりオススメですnote

 

※ちなみに、

「Yes!プリキュア5」になぜこの予告が付いていることを知っていたのかは、

プロフィールを見て頂ければたぶんわかります……coldsweats01

別にプリキュアを観に行ったわけではないので

気持ち悪い男と避けないで下さい(爆)

 

こちらも要チェックscissors

テラビシアにかける橋 オリジナル・サウンドトラック(CD)

※かなりオススメ!!!

テラビシアにかける橋(原作)

|

« 映画「アヒルと鴨のコインロッカー」 | トップページ | 映画「暗いところで待ち合わせ」 »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540425/10627117

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「テラビシアにかける橋」:

» 『テラビシアにかける橋』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
みんな、王国をもっている。 貧しい家庭で姉妹4人に囲まれ窮屈に暮らす11歳の少年ジェスの隣家にレスリーという風変わりな少女が越して来た。児童文学の金字塔作品を『ナルニア国物語』スタッフが映画化、という一文にはまるで惹かれなかった。だって、ナルニアはイマヒトツな映画だったし、子ども向けファンタジーって、大人の自分がハマりきれないものも少なくはないから。でも、これは何やら評判よく、ハリポタ的ファンタジーとは違った切り口であるらしくって。"空想"がキーワードになっているそのテーマに改めて興味をもち、... [続きを読む]

受信: 2008年2月22日 (金) 22時01分

» [cinema]テラビシアにかける橋 [気まぐれな趣味たちの備忘録]
原題:Bridge to Terabithia 監督:ガボア・クスポ 脚本:ジェフ・ストックウェル,デビッド・パターソン 製作:デビッド・パターソン 原作:キャサリン・パターソン 出演:ジョシュ・ハッチャーソン,アナソフィア・ロブ,ズーイー・デシャネル,ロバート・パトリック 公式..... [続きを読む]

受信: 2008年2月23日 (土) 13時07分

« 映画「アヒルと鴨のコインロッカー」 | トップページ | 映画「暗いところで待ち合わせ」 »