« ドラマ「PRISON BREAK -プリズン・ブレイク-」 | トップページ | 映画「AKIRA」 »

映画「ジャンパー」

粋な計らい?? で先行上映より少し早いですが、

映画「ジャンパー」観ました。

Jamper2_2  

一言:

戦闘シーンは楽しめましたが、

全体的に説明が足りなさ過ぎ!

1時間半という上映時間を少し延ばしてでも

もう少し盛り込んでくれてもよかったのに……

 

STORY

ミシガン州の高校生デヴィッド(ヘイデン・クリステンセン)は、

自分にテレポート能力があることを発見。

母が家を出て以来、

人が変わった父との生活にうんざりしていたデヴィッドは

ニューヨークへと向かい、瞬間移動した銀行の金庫室で大金をせしめる。

しかし、そんな彼を謎の男ローランド(サミュエル・L・ジャクソン)がつけ狙い……

 

「ジャンプ」という瞬間移動能力を駆使した戦闘シーンは

非常にスピード感に溢れ、見物です♪

シーンによっては酔いそうなぐらい(爆)

またジャンプを利用して優雅な生活を送ってる主人公が

単純に羨ましいhappy02

X-MEN2にも瞬間移動能力のある「ナイトクロウラー」が登場しますが、

ヤツは姿が人間離れしている上、

見える範囲(安全上)で1,2kmしか瞬間移動できないので、

それらの点で「ジャンパー」のほうが格上?? (笑)

 

まぁ、移動距離に関してもそうですが、

「ジャンパー」についての設定を初め、

各種設定が「甘すぎる」点が

この映画の最大にして最悪の欠点カモ。

設定は色々とあるのかもしれませんが、

映画中でのそれらの説明が「少ない」上に「ヘタクソ」。

なんの前触れもなく

「ジャンプ・スカー(裂け目)」

等の用語が飛び出したりするのはやめてほしい。

公式ホームページに色々と説明が書かれていますが、

それを見ることが前提なのか?? と言いたくなるほど。

さらに許せないのが、

それら設定は笑えてくるぐらい微妙だったりしますcoldsweats01

 

主人公が成長していく過程(ジャンピング能力の限界)

パラディン(ジャンパーの敵勢力)との歴史、

もう一人のジャンパー、

主人公の母親 など、

もっと丁寧に描けばおもしろそうな部分がたくさん予想できるだけに

残念でなりません。

背景が説明不足すぎのため、物語に厚みがなく、

これじゃあ

「戦闘シーンだけの中身のない映画」

と言われても仕方ありません……

 

画はけっこうおもしろいし、期待してただけに悔しいbearing

もうちょっとのがんばりで

一気に「映画」としておもしろくなると思うんだけどな。

 

こちらも要チェックscissors

ジャンパー・上(原作)

ジャンパー・下(原作)

 

ジャンパー グリフィンの物語(番外・本)

※映画で微妙な扱いだったcoldsweats01

 もう一人のジャンパー「グリフィン」の物語。

 この小説は映画化に伴い変更された設定に一貫性があるように書かれたもので、

 原作(上・下)とは差異が生じているそうです。

 映画を観て、もう一人のジャンパーについて知りたくなったあなたにオススメ?

 ちなみに、私も買いました(爆)

|

« ドラマ「PRISON BREAK -プリズン・ブレイク-」 | トップページ | 映画「AKIRA」 »

映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540425/10825588

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ジャンパー」:

« ドラマ「PRISON BREAK -プリズン・ブレイク-」 | トップページ | 映画「AKIRA」 »